ロードランナー


3D設計データで、あらゆる現場を一括管理。
日々の施工管理を行うための本格アプリケーション“ロードランナー”が、現場をサポートします。




ロードランナー
  • 施工管理はロードランナーで

ロードランナーは現場の設計地形データ(法肩・法尻の3Dデータ)を事前に入力しておくことで、任意箇所での丁張設置や設計地との比較(高低差)が容易に行えるシステムです。
トータルステーションまたはGPSでしようできるため、現場に応じて使い分けが可能です。
また、無線を使い測量作業を1人で行うこともできます。


従来、現場での高さの管理は測点での法肩・法尻を観測し、長さ・幅・高さが規格値内に収まっているかを管理していました。
また、任意箇所で管理が必要な場合は事前に測量計算を行い、計算書を元に測量作業を行っていました。
いままで手間がかかっていたこれらの作業が、ロードランナーで解消されます。




自動追尾光波によるロードランナー
  • 光波とGPS、どちらでも使用できます。

光波とGPSの2種類のタイプをご用意しています。







  • 大規模な宅地造成、インターチェンジの造成現場など、大規模造成に最適です。