深浅測量


見えない川底が見えてくる。
CSSは豊富な経験と最新機器を使用した確かな技術で、深浅測量をもっと早く・安く・正確にします。




  • 有人ボート&無人ボート 2つの深浅測量





  • 画像クリックで拡大表示できます。
  • リモコンボート深浅測量

    NETIS登録No. KK-080050-V






  • 画像クリックで拡大表示できます。
  • 音響測深機+GPS・光波 快速深浅測量

    NETIS登録No. KT-130026-A





  • CSSの深浅測量のメリット

  • 高精度GPSによる測量を連続して行うため、データが細かく精確。
  • 世界測地系座標と海抜データを一度に取得可能です。
  • 深さ0.5m〜80mまで測量可能。
  • XY座標、または緯度経度で登録した測線上をボートが自動で走行します。
    ボードを横断ライン上に正確に誘導できます。
  • 波がある環境でも、測量と同時に波や潮汐の影響を補正するため、精確な測量ができます。

CSSの深浅測量のメリット

より正確な浚渫(しゅんせつ)土量が求められます。




  • 従来測量の深浅測量のデメリット

  • 測量する間隔が荒く、正確さに欠ける。
  • 深浅測量用GPS1台のみの手法では、高さと座標の基準点を事前に設置しなければならないため、
    手間がかかる。
  • 人が水に入って行う直接測量では、測量範囲に限界がある。測量可能な水深は1.2mまで。
    (ヘドロ・急流・地形の変化がわからない 等)
  • GPS無しのボート等による測量では、横断ライン位置の精度に欠ける。

従来測量のデメリット



  • 画像クリックで拡大表示できます。
  • CSSの堤防測量が、早くて安いワケ

CSSは全国の河川測量を5年間で360件以上受注しています。
その豊富な経験を活かし、様々な現場条件にも対応できます。






  • 画像クリックで拡大表示できます。
  • 複雑な地形も3Dスキャナーで360°測量!

    NETIS登録No. KT-130019-A