推進測量


高い技術力で、地上部と同じ高精度を実現。地下の測量をさらに高精度に!
地上でも地下でも、変わらない正確さ。




  • 推進工法の測量は、プロに任せたほうが安心です。

推進測量作業風景

地中を掘りながら進む推進工法では、掘削方向のずれに気づかずに方向が間違ったまま工事を進めてしまうといった初歩的なミスで、取り返しの付かない大きな損害が発生します。
それを防ぐためには、正確な測量が不可欠です。




推進測量
  • 地下の位置をジャイロで測る

ジャイロを使用すれば、地下でも真北を求めることができ、目標点の方位を正確に測量することができます。見通しの良し悪しや天候、時間帯などの環境条件に左右されずに、高精度な測量を行えます。




  • 鉛直器でさらに高精度に

CSSでは、正確な縦軸鉛直が得られる鉛直器を使用。
垂球による観測と違い、精度±2.5mm/100mの精確な垂直方向を出すことができます。





施工前の測量
  • 施工前の測量

起工測量も、CSSにお任せください。

  • 基準点測量
  • 路線測量
  • 水準測量
  • 発進・到達坑の位置を測量
  • 周囲の現況測量
  • 境界測量





  • 地上でも地下でも、変わらない正確さ

CSSは高い技術力で、地上部と同じ高精度を実現。






現在地の確認
  • 現在地の確認 (オプション)

到達坑の直前、軌道修正が可能な100m程の位置で、現在の推進方向が正しいかどうかを確認します。
推進方向にずれがないか確認し、到達坑にピタリと到達するよう最後の修正を行います。


進行方向にズレが無いかジャイロで確認し、到達坑にピタリと到達するよう最後の調整を行います。










地下の位置をジャイロで測量。環境条件に左右されずに高精度な測量が可能です。