スーパー測量

最新の機器・技術で、さらに充実したサービスを。
立体地形データが、あらゆるニーズに対応します。



  • スーパー測量とは

従来の測量方法では、どんなに努力しても測量の速さには限界がありました。
無理に測量スピードを上げようとすれば、ミスの原因や精度の低下を招いてしまうのです。
実現したくても不可能な測量が多々あります。
ですが最近、科学技術の発展でその夢をかなえてくれる高性能な測量機器が次々開発されています。
最新鋭の測量機器を使用することで、従来の方法では時間がかかっていた測量が、数倍〜数10倍の速さで、しかも苦労無く成し遂げられるようになりました。


そうした機器を使用した測量を、当社はスーパー測量と呼んでいます。
そして、スーパー測量を行う技術を持ったCSS技術者を、スーパー測量士と認定しています。




  • スーパー測量の流れ

  • 最新の機器・技術で、地形を3次元測量

急傾斜地、河川、トンネル、ゴルフ場、公園、グラウンド、農地整理 etc...
あらゆる地形を、最適な方法で測量します。


3Dスキャナー

今までの光波で出来なかった複雑で広範囲の計測も、1秒間に50000点を測れる3Dスキャナーを用いることで、短時間に高精度なXYZの3次元情報を得ることが出来ます。人の立ち入れなかった危険な場所(交通量の多い交差点・急傾斜地・災害地)やトンネル・橋梁・ダム・文化財などを空間情報として計測することが可能となりました。
測定したデータを活用して、図面作成・設計・CG作成・3D造形物などの様々な形を提供いたします。


ロボットヘリ

デジタルカメラで撮影した2枚以上の画像データはコンピュータ処理すると三次元データに変わります。セスナやロボットヘリで上空から広範囲の自然対象物や創造物を低価格で三次元データ化することが可能です。計測結果は三次元データとして作成されるため、物体の長さや面積、体積、断面図など様々な用途で活用できます。


GPS

アメリカ・ロシアの衛星を用いて、位置、高さを高精度・短時間に求めることが出来ます。
高価な機器ですが人手・時間をかけずに作業することが出来、当社ではいち早く導入し実績を積み重ねてきました。現在、基準点測量・深浅測量・3Dスキャナー・縦横断測量・森林測量等でその能力が生かされています。


音響測深機

GPS測量でボートの位置と水面の高さを測り、音響測探機を用いて水面からの深さを計測して、水面を基準にして合成することで“位置と海底の高さ”がわかります。GPSの電波が届かない橋下や高架下は自動追尾光波で同じことが出来ます。
従来方法より細かく早く、リアルタイムに位置・深度の計測が可能です。


コロコロ測量

路面の横断を出来るだけ細かく、早く、安全に、日中でも規制無しで、しかも安く...
その全てを満たした画期的な測量方法『コロコロ測量』を、CSSは開発しました。
熟練した測量士が従来の3倍の速さで測量いたします。計画も数多くの実績がありますので、おまかせください。


ジャイロ

地下でも真北方向が求められるジャイロステーションを利用し、トンネル工事、下水の推進工事なども高精度に測量します。現場の様々な条件にあった測量方法を用いて、見通しの良し悪しや天候、時間帯などの環境条件に左右されずに、目標点の方向を正確に測量いたします。


3Dプリンタ
  • 3Dプリンタ

3Dスキャナーで測った数100万点の3次元情報も2次元の図面に作成しては価値がありません。デジタルデータをアナログにするようなものです。
3D造形物に変えてみれば、直感的に地形や構造物を理解できます。難しかった意思の疎通や、シミュレーションの検討が容易になることでしょう。また手で触れる喜びは、新しいアイデアに繋がります。打ち出されたモデルにはスケールを当てることも可能です。