TS出来形


  • TS出来形とは?

TS出来形は、施工管理データを搭載した端末と、トータルステーション(TS)を利用した出来形管理方法です。
従来の巻尺・レベルによる計測に比べ、計測作業・帳票作成・検査効率が大幅UP。計測にかかる時間は約半分になります。
設計データを入力した端末とトータルステーションで計測することで、計測と同時に設計値との比較ができ、出来形不良を迅速に発見できます。




  • TS出来形の流れ

CSSが起工測量からTS出来形まで、全工程を承った場合。


  • データ入力

横断図・縦断図・平面図などの設計図書から、TS出来形用の3次元の設計データ(基本設計データ)を作成。


  • 管理点の選定

事前に発注元と協議して決定した管理点を元に、設計データを作成します。管理点が決まっていない場合は、CSSで管理店を提案させていただくことも可能です。


↓次の工程↓

  • 計測・検査立会い

TS出来形端末と接続したトータルステーションで、出来形を3次元測量で計測。
計測と同時に実測値と設計値の差を比較し、記録します。施工途中に計測すれば、計画との差を確認できます。

CSSは、EX-TREND武蔵、デキスパート(LANDRiV&LanDeco)、Mr.Samurai CALS/iの端末に対応しています。



TS出来形機器


↓次の工程↓

  • 画像クリックで拡大表示できます。
  • 成果作成


計測データから、出来形帳票を作成。帳票は各省庁の形式に対応しています。





  • こんな現場に向いています。
TS出来形に向いている現場



  • 選べる組み合わせ

状況に応じて、下記の組み合わせからお選びいただけます。



  • CSSに全てお任せ

起工測量からTS出来形まで、CSSがすべて承ります。

CSSにTS出来形を全てお任せ

  • 起工測量  : 基準点・水準・現況などを事前測量。
  • データ入力 : TS出来形用の3次元設計データを作成。
  • 検査前の確認作業 : 設計データと出来形の差を検査前に確認。※オプション
  • 計測・検査立会い : 実測値と設計値を比較。
  • 成果作成  : 計測データを元に、出来形管理帳票を作成。



  • 起工測量+データ入力

お客様がお持ちのTS出来形端末で作業する場合。
または、CSSのレンタルTS出来形端末で作業する場合。

起工測量+データ入力
  • 起工測量  : 基準点・水準・現況などを事前測量。
  • データ入力 : TS出来形用の3次元設計データを作成。




  • 端末レンタルのみ

お客様ご自身でTS出来形を行う場合

起工測量+データ入力
  • TS出来形端末レンタル
    レンタル可能な機種についてはお問い合わせください。




  • データ入力のみ

お客様の所有またはレンタルの端末・ソフトでTS出来形を行う場合

起工測量+データ入力

  • データ入力 : TS出来形用の3次元設計データを作成。




  • CSSにまとめて頼めば、さらに効率アップ!

CSSに全てお任せいただければ、起工測量はデータをTS出来形に使用することを考慮して行うため、
無駄な作業が無くなり経費節減に繋がります。
また、CSSが起工測量からTS出来形まで全てを承ることで、現場管理者は煩わしい測量作業から解放されます。
現場管理に集中できるので、スムーズに工事が進行します。




  • NETIS登録機器を使用しています。

NETIS登録技術なら、国土交通省直轄工事で最大4点の加点!
作成したデータはどの機種でも利用することができます。


デキスパート

デキスパート
LANDRiV&LanDeco

NETIS登録No.
CB-100052-A

武蔵

EX-TREND 武蔵
建設CAD

NETIS登録No.
KK-100077-A



  • 新技術情報提供システム・NETISとは?

NETISとは、国土交通省が新技術活用のため、新技術の情報の共通・提供を目的として整備したデータベースシステム。
NETISに登録された民間企業の優れた技術は、インターネット上で誰でも自由に閲覧することができ、新技術の円滑な活用・普及に役立てられています。
さらに、NETIS登録技術を国土交通省直轄工事で提案すると、工事成績評定の加点対象となります。
※ 総合評価方式の場合、各地方整備局によって加点方法が異なります。




  • 施工管理をサポートする“ロードランナー”

3D設計データであらゆる現場を一括管理。日々の施工管理を行うための、本格アプリケーション。


ロードランナーは、3Dの設計データがあれば、道路土工、舗装、河川、造成など、あらゆる現場に対応。
3D設計データから任意の場所の設計高と現況高がその場で自動計算されるため、任意の位置に丁張をかけられます。
また、設計高と現況高の差がその場で確認できるので、出来形管理も容易です。
※TS出来形ソフトではないため、TS出来形の帳票は出力できません。


施工管理システム・ロードランナー